資格を取ろう!勉強応援ブログ

仕事と育児の傍らジャンル問わず資格の勉強をしています。資格の勉強方法をメインにブログ書きたいと思います。

AIで司法予備試験6割的中

AI(人工知能)を活用し、司法予備試験の問題の約60%を的中させた――AIベンチャーのサイトビジット(東京都千代田区)が5月20日、そんな成果を発表した。19日の短答式試験マークシート形式)で出題された95問中、57問(60%)の出題カテゴリーを的中させたという。同社は「この60%は、合格ラインと同水準」としている。


サイトビジットの公式サイトより
 同社は「未来問」(みらいもん)と呼ばれるAIを活用した出題予測サービスを開発している。AIの学習用データとして、過去に出題された本試験問題、同社のオンライン学習サービスのテキスト3500ページ分、Wikipediaの法律用語344ページ分などを用意。それらを128のカテゴリーに分類した上で、各年度の出題傾向とともにAIに学習させ、2019年度の問題を事前予想した。


 実際の出題内容と比べたところ、的中率は60%をマーク。中には、ほぼ同じ文言で出題された設問もあった。 
 今後は8月の社会保険労務士試験、10月の宅地建物取引士資格試験などで、出題予測サービスを受験者向けに提供する。20年1月にはセンター試験にも対応を予定している。

 同社の鬼頭政人社長は「今の資格試験は『試験に受かること』の壁が高く、合格をゴールに勉強しがちだが、本当に大切なのは合格後の実務経験」と指摘。「まずは試験に受かり、実務のスタートラインに立ってもらいたい」という思いから開発したという。一方、出題者側には「AIに追い付かれない試験問題を作ってほしい」と呼び掛けている。

 

引用:https://www.itmedia.co.jp/news/spv/1905/20/news122.html

 

未来問という人工知能で問題当てたみたいですね。

今後の資格試験のあり方が問われます。

 

資格取得が趣味な私ですが、

やはり勉強して知識をつけることに意義があると思っているので、利用するなら人工知能の予測は最後の仕上げというかんじでしょうか。

とりあえず資格が取りたい!という人はヤマを張って、これで合格できればいいですよね。

いずれにせよ、AIで出来ることが増えてきた証ですねー。すごい世の中だ。